秋冬メンズファッション通販ナビ

秋冬のメンズファッション基本はバランス

お洒落な男性

秋冬のメンズファッション基本は、落ち着いた色の服を着こなした方が良いでしょう。春夏は、明るいトーンの服装の方が季節感を演出できますけど、逆に秋冬は明るさや彩りよりも落ち着きがあった方が季節感があります。例えばブラックやグレーといったカラーで、秋の紅葉シーズンにギラギラとしたカラーは合わないですし、空間の中に居ても落ち着いていられるのが良いでしょう。別に自分が納得したカラーであっても周囲から見れば、浮いた存在に見えてしまいますので、大人しいトーンのカラーの方が向いているのです。明るい色のトーンは、長く見ていると疲れるとも言われていまして、周囲が落ち着いた感じになる秋冬には合いませんし、穏やかなグレイッシュトーン、味わいがあるダル・トーン、落ち着いたダークトーン等のカラーが良いかもしれません。また、秋冬のメンズファッション基本ですが、秋の場合は昼間と夜での温度差もありますので、パーカーやジャケット等を用意しておくと良いでしょう。冬は重ね着になると思いますが、何を意識するかでも変わってきまして、バランスが重要になりますけど、ピーコート等が無難になります。防寒も意識するのならカジュアルさも取り入れたダウンジャケットがお薦めになりますし、冬は重ね着のコーディネートが重要になってきます。秋冬のメンズファッション基本は、おしゃれも大事ですけど、周囲とのバランスや防寒等も大事になって来ますので、バランスを心掛けるのが良いのでないでしょうか。

Pコートは秋冬定番の着こなしアイテム

Pコートの着こなし

※メンズスタイルより

 

上記の写真はメンズスタイルというネット通販ショップで販売されているPコートです。最近はメンズファッション 通販で手軽にお洒落な服装が素人でも楽しめる時代です。ショップに足繁く通うのは面倒だと感じる人は、通販ショップを上手に利用してみると良いでしょう。Pコートは、コートの中でもカジュアルですので、おしゃれにコーディネートするのには向いたアイテムとなっています。また秋冬の定番のアイテムでもありますから、Pコートの着こなしを上手くする事によって、一段とかっこ良く見せる事ができるでしょう。Pコートにも種類がありまして、肩幅がカッチリしたタイプ、トレンチコートのようなタイプ、従来の学生が着用するようなタイプとありまして、まずどの種類を着用するかも大事になります。カラーの方も上品に見えるネイビー、おしゃれさが高いグレー、シックなブラック、カーキー系等もあり、配色やバランスやまとまりで、好みのカラーを決めて下さい。どのようなタイプやカラーを選んでも綺麗に見えたり、かっこ良く見えたりするのがPコートで、幅広い着こなしができます。カジュアルにしたい場合はパーカーを合わせてみるのがよく、多くの方が、この組み合わせをしており、街中でもよく見掛けます。定番のコーディネートは、シャツと組み合わせる事ですが、そこにVネックを加える等して重ね着をするのも良いでしょう。足元は、シューズも似合いますが、ワークブーツやチャッカブーツと合わせられる方が多いみたいです。着こなすスタイルでPコートは、カジュアルにもでき、かっこ良くも見せられ、大人の雰囲気も出せるアイテムになりますので、自分なりのスタイルを見つけたり、色々と着こなしてみたりすると楽しいかもしれません。普段から日常的に着られるアイテムなので、自分なりの着こなしは大事と言えるでしょう。

カラーが大事なダウンジャケットの着こなし

ダウンジャケットは、シンプルだからこそ着こなしは、難しくもあります。コーディネートの幅もあまりないと感じて、それほど考えずに着用している方も多いのではないでしょうか。ダウンジャケットと一口に言っても種類が存在しています。それぞれに合ったボトムスを着る事で、体のバランスを良く見せる事ができるのです。薄い柄物のダウンジャケットには、濃いジーンズ、逆に濃い柄物には、薄めのジーンズやパンツが合います。単色の場合も基本の着こなしは、上記のようになりますが、その場合はボトムスのカラーにも気を付けなければなりません。淡いカーキ色なら濃い色が良く、逆にオレンジ系のジャケットならカーキ系のパンツが合います。その他にも、薄茶色に濃茶色という風に、カラーを考えてあげましょう。ブラックのダウンジャケットの場合ですと、全部をブラックにするとまずいので、靴やインナー等で白を取り入れるのがおすすめです。ちなみにチノパンは、どんなジャケットにも相性が良いので、有効的に使いたいです。原色で派手な色の物の場合は、ボトムスはジーンズにして、柄物はなるべく着用しないようにしましょう。その他にも細かい点がありますが、ダウンジャケットの着こなしの基本は、明るい色には濃い色、濃い色や暗い色には明るい色や淡い色を組み合わせると相性が良くなります。あまりコーディネートのパターンは多くなりませんが、工夫する事によって、おしゃれの楽しさは広がるはずです。